健康

img_health

建物全体の温度差を軽減してヒートショックを防ぎます。ハウスダストを防ぎます。

LLHはヒートショックから高齢者を守る。

main_health

冬の住まいで最も怖い!ヒートショックとは

health_1

大きな温度差のある部屋を行き来すれば血圧の急変動が起こります。これが「ヒートショック」です。 深夜や早朝のトイレなどで起こることが多く、特に高齢者の方には注意が必要です。 冬の早朝、布団とトイレの温度差はなんと20℃以上。 体の寒冷刺激によって血圧が上がり、この血圧の急上昇が心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因になっています。

お風呂場・脱衣所も危険がいっぱい!

health_2

health_3

冬の住まいは、トイレの他にも、危険な場所があります。日本での死因のトップは「溺死・溺水」いわゆる「入浴死」です。 年間死亡者数、約8千人を占めています。 その理由の多くは、血圧変動で起こるヒートショックが原因と考えられており、亡くならないまでも、脳血管疾患などの後遺症で介護が必要となるケースもあります。

LLH外断熱なら四季を通じて室内の気温変化が少なく
ヒートショックの心配もありません!

health_4
LLH外断熱は、建物全体を断熱材で包むため、外気温の影響を受けにくく、各部屋の温度差が少ないのも大きな特長です。特に血管がもろくなっている高齢者にとっては、急激な温度変化がないため、心臓や血管に大きな負担がかかりません。高齢者に限らず、ご家族にとっても健康的な生活を送ることができます。


img_house

結露が壁の中をボロボロにすることも・・・。

ketsuro_1

空気は常に水蒸気というカタチで湿気を含んでいます。この空気に含み得る水蒸気の量は温度が低くなるほど少なくなり、水滴となって現れます。冬の窓辺の空気が冷やされて、窓が曇ったり水滴がついたりする“結露”がその代表です。このような結露は、窓だけではなく収納や部屋の隅に起こり、さらには壁の内部や天井の断熱材にも「内部結露」として発生します。壁に溜まった結露は、構造体そのものを傷め性能を劣化させる大きな原因。 長く快適に暮らすには湿気をコントロールすることが大事なのです。

内部結露が、カビやダニを繁殖させる原因に。

ketsuro_2

結露した水分をそのまま放置しておくと、空気中に漂うカビの温床となり、異常発生することがあります。また、カビはダニのエサとなり、大量発生の悪循環を引き起こすのです。カビの胞子やダニの死骸・糞(ハウスダスト)を吸い込むことで起きるアレルギー性鼻炎やぜんそくなどはシックハウス症候群と呼ばれ、十分に注意をすることが必要です。ぜんそくアレルゲンを調べた研究では、約7割がこれらを原因としていることが発表されています。

ketsuro_3
ketsuro_4

LLH外断熱なら、アトピーやぜんそくの
原因となるカビやダニを防ぎます!

ketsuro_5

LLH外断熱は、建物(コンクリート)の外側に断熱材を施していますので、壁の温度が外気に左右されず、常に室温と同調。 一年を通してほとんど結露が生じることがありません。 結露がなければカビの発生やダニの繁殖からも解消され、健康的な居住空間が実現します。

img_toughnessimg_ecology