外断熱とは

内断熱・外断熱の違いって?

deffarence_1

日本の建物の多くは内断熱(うちだんねつ)工法です。

この工法は、建物(コンクリート)の室内側に断熱材があるため、建物は四季を通じて外気温にさらされています。そのため、暑さ寒さから膨張や収縮を繰り返し、ヒビ(クラック)が発生。その隙間から雨水がしみこみ建物の劣化が進むのです。そして建物だけではなく健康にも悪影響が・・・。

人・建物にメリットの多い「外断熱(そとだんねつ)」工法です。

内断熱工法とは逆で、外断熱工法は、建物(コンクリート)の外側を断熱材でスッポリ包んでしまう建築工法です。建物にコートを着せるように・・・そうする事で、人にも建物にも多くのメリットが生まれるのです。
読み進んでいただくと、外断熱の良さがきっとわかると思います。そして今後、日本でも外断熱の建物がきっと増えていくことでしょう。

外断熱の3つのポイント

LLHサイト案_外断熱とは_kenkou

LLHサイト案_外断熱とは_01

LLHサイト案_外断熱とは_02

LLHサイト案_外断熱とは_taikyuusei

LLHサイト案_外断熱とは_04

LLHサイト案_外断熱とは_syouene

LLHサイト案_外断熱とは_03